.このビールには川崎まれています。
東海道川崎宿麦畑工場という
川崎過去現在未来五感わってください。

BE

我々1杯に「BE」の意味めます。
BE、すなわち現在位置姿精神します。
WILL BE、すなわち目指未来します。
そして、すなわち理想とするをおせします。

我々未熟ですか?
我々かですか?
はい、肯定します。それが現状
しかし我々けます。
1度砕かれ散乱した分子だって、まりとなります。
そしてち、きだします。何億光年先までもちます。
くまでの時間皆様かちえるのであれば、それはせです。

Brewer 醸造技師

田上達史(Satoshi.Tanoue)
川崎市内在住 1979年生まれ

「飲みたいビールが無かったので、自分で造った」というのが彼がクラフトビール業界へ足を踏み入れる第一歩。2015年に予備校の講師として物理を担当していたが退職し、本格的にビール造りに専念することになる。自作で醸造所を制作した「風上麦酒製造」(川崎市幸区)が、業界にセンセーショナルなインパクトを与え、コアなクラフトビールファンを一気に魅了した。だが2017年10月に交通事故に遭い、やむを得ず醸造所を閉めることを決意し、引退を考えていたころに「東海道BEER川崎宿工場」のプロジェクトから誘いを受け「自分にしか出来ない。きっと人生の定めかも」と思い、醸造技師として参画し、復活を遂げる事になる。今までのスタイルを少し残しつつ「今度は変化球だけでなく速い直球を見て欲しい」と話す田上が造る独特な個性と味わい、そこから生み出される進化した「世界観」を感じて欲しい。

とは調和破壊である。
り、わい、そして体感するエネルギー。
そんな言葉べても無駄ですよね。
だってめばかるのだから。